スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四川省の大地震

中国四川省大地震での被災者の皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

「天災なのか、人災なのか?」

ニュースでそんな事を言っていました。

僕は、高校・大学と建築を学んでいましたが、

本当に日本の建築技術は世界最高レベル、

しかし、施工の時点(建築中)で

いわゆる、

「手抜き工事」

をしてしまえば、

意味がまったくありません。

阪神大震災で、阪神高速が崩壊したのも

「手抜き工事」が、原因だとも言われています。

少し前に、話題になっていましたよね。

構造計算の偽装マンション。

設計の時点での偽装・・・

施工の時点での偽装・・・・

これだけ、時代が進んでいながら・・・・

現代人の情けない所ですね。


本家の隣に、

昔、お茶工場だった木造の建物があります。

間口(家の幅)は、

本家より短いのですが、

奥行きは同じぐらい。

茶工場なので

真中に

「柱」は1本も無く、

大きく、太い梁が数本どっかり通っています。

本家は、鉄骨造で柱が沢山、

むろん、昔にそんな構造計算があったわけではなく

「どや?え~梁やろ?これやったら、大丈夫や」

と、言ったかどうかはわかりませんが^^;

そんな感じで建った工場は、今も頑丈です!!

なんでもそうでしょうが、

「昔から学ぶ事は、数知れず」

だと、最近よく思います。

しかし、

昔の物や、考え方がすべていい物だとも

思っていません。

昔と、今の融合が

今の時代を良くして行くのではないでしょうかね~?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。