スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然の「鹿肉」も、入りましたよ。

にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへにほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 旅行ブログ ペンション・民宿・貸別荘へ
  ↑ブログランキングに参加してます。コリっとクリックお願いします↑
★是非!皆様のお力で、押し上げてやって下さい m(_ _)m よろしくお願いします★

民宿 童仙房山荘
「民宿 童仙房山荘」はチーム・マイナス6%に参加しています。ストップCo2

先日、テレビで京都の猟師さんのドキュメントが流れていました。

ここ数年、猪や鹿が畑を荒らすなどの被害が多くなって来ていると、言う事だ。

確かに、童仙房でも同じ事が起こっているんですよ、、

僕が小学生だった頃から、現在まで童仙房の田園風景はほとんど変わっていない

小さい田んぼがつながって大きくなったり、

道を広げて少し小さくなったりと、

景観が大きく変わる事は無かったが

去年ぐらいから少し違和感を感じるんです・・・・・

なんだろう・・・・・

田圃の風景が少し、違う・・・・・

その正体は。

「猪」除けに設置された、高圧線や、木の囲いでした。

もう、すべての田圃に設置されていると言っても過言では無いぐらい・・・・

お!猪が多い!

じゃ~、罠にかかった「猪」が沢山^^vやった~!!

何てことは、まったくありません!!


食として、狩る猪や、鹿は、基本的に猟銃で獲らないといけないんです。

「じゃ~、罠で獲ったのは食べれないの?」

と、思いますよね?

食べれない事はないんです・・・・

どういう事かと言うと、

罠でも、銃でも、息が無くなってから

すぐに「血抜き」と、言う作業をしないとダメなんですね、

この「血抜き」が、肉の臭みや、鮮度を左右してしまうんです。

テレビで流れていた猟師さんは、山の尾根では猟をせず

必ず谷で獲物を仕留め、

仕留めた後にすぐ、谷の川で「血抜き」をしていました。

川に一晩。


天然の獣はこの作業をしっかりされていれば

臭みは無いと言っても過言ではありません、

同じ「猪肉」「鹿肉」と言っても、それはそれぞれ

美味いのを食べてみたい方は、是非足を運んで下さい。

肉もそうですが、女将の「自家製味噌」が更に美味くします。

最後に、山の恵みには本当に感謝です!!




にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへにほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 旅行ブログ ペンション・民宿・貸別荘へ
  ↑ブログランキングに参加してます。コリっとクリックお願いします↑
★是非!皆様のお力で、押し上げてやって下さい m(_ _)m よろしくお願いします★

民宿 童仙房山荘
「民宿 童仙房山荘」はチーム・マイナス6%に参加しています。ストップCo2

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。